FC2ブログ
--.--.-- -- --:--

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.05.14 Thu 07:56

食事の変化のきづき・プードルご飯



● 犬の無添加食品プティドール・べべのお食事!!
 
  IMG_4987.jpg

    食事のお話しとブリーディングについて今日は書いてみようと
    思います!かなり長くなります気長にお付き合い下さいませ!

    食事の悩みってつきないと思うんです。
    私共の食品を使う時にお電話でご相談にによせられる声で
    一番多いのが、食事を最近あまり食べてくれない、偏食気味で・・・・
    こういうお声よく耳にします。

    勿論、プティママも食べない子で悩んだ一人ですから、その
    食べてくれない不安な気持ち、何で食べてくれないのかと
    悩むお気持ち大変良くわかります...
    1頭でも悩むのに、当犬舎はそれが数十頭もドッグフードを
    与えていた時なんかは食べてくれなく手作り移行後も、
    数頭の子で悩まされたので、ほんとによくわかるんです。。。。

    手作りを扱っていない当初はどうして食べないのか
    フードがいけないのか?食事が駄目なのか???
    病院にも走りましたが異常なし、、、いったい何が??
    実はこんな事に数年も悩まされたプティママです!
    勿論今でもまだその問題にはつきあたる時がありますが。。

   IMG_1104.jpg

    私はプードルのブリーダーでもあります。そして犬が大好きです。
    大好きな事を仕事にできて誇りに思います。
    でも、好きな仕事でも大きな壁にぶち当たるとやはり
    それは、解決できない大問題になったりもします。
    そういう時は、仕事を辞めようとやはり思います。。。
    でも、やっぱり辞めないで続けていられるのは、犬が
    大好きだからなんですよね・・・

    繁殖するうえで良く言われる、ティーカップサイズと世間で
    言われる子達をお産で取り上げ、育て上げる事があります。
    その、小さな子達を育てるのは一苦労も二苦労もの苦労と涙
    の日々が続きます。どのブリーダーさんだって、色んな
    事に直面し、苦労をされておられるお話しも聞かせてもらい、
    またそこで自分も頑張ろうと勇気をもらい、励まされ
    頑張れるのですけどね・・・

    また、私が小さかったり、弱かったりする子を作り上げて
    しまった時はそれは私の責任になります。
    くよくよもしていられません。その子を幸せにしなくては
    いけないからです。だから、私に与えられた試練に大変
    勉強させられます。

    勿論、皆無事に生まれてくる子ばかりであってほしいですが、
    それに沿わないことだってブリーディングしていればおこるのです。
    これは、どこの犬舎さんもそうだと思いますが命を扱う以上
    危険との向かい合わせなんですよね。。。。何十頭ものブリーディング
    に携わるブリーダーには、責任があります。どんな子も、生まれてきて
    無駄なんて絶対ないんです。どの子も幸せになるためにこの世に
    生まれてくるんですから。。。だから、一生懸命向き合いたいと
    私は思うのです。

    私のブリーディングを恥じず、どんな形であれ自信をもって
    育てている事、精一杯の愛情をかけてやろうと思い、
    犬と毎日過ごしております。
  


    わん達は犬舎にいる子どの子もそのような気持ちで育てて
    おりますが、その中でも悩みなんてほんと尽きないぐらいあり、、、
    その中の食事に関する悩みが、私の経験が皆さんの頭を悩ませる
    問題のヒントになってくれるといいなァ~思ったりしながら記事を
    書いています。
 
    IMG_1303.jpg
  
    ● 偏食したり、食べなかったり色んな問題考えてみました!!

    ここからは、スルーしながらでいいので読んで帰って下さると嬉しいです~

   ☆ 食欲不振その1

    子犬が成犬になるいわゆる思春期を迎える時期(6か月~8ヶ月)ぐらいは
    小さな子犬期ほどの栄養やエネルギーを必要としなくなる事から、
    段々と食べる量は必然的に食べる量が少なくなってくる犬が多いです。
    思春期により、気分が不安定で又体の成長の変化
    (ヒートや歯の生え変わり、歯がぬけかわらないなど・・・)様々
    男の子なら、女の子への興味がわきだす時期・・・
    興味により食べる所ではないという素振りが見られることは至って
    正常な事で決して病気ではないんですよね・・・
    体の変化がわんちゃんにもおきているという事だと思ってあげれば
    いいと思います。

   ☆ 食欲不振その2

    良く耳にするケースで述べますと、ドッグフードの場合などは、
    子犬期用、成犬期用とわかれているのが多いと思います。
    プティママはドッグフードを与える人ではないのですが、
    以前はドッグフードも扱っていたこともありますので、お答えできる
    範囲でお応えしていこうと思います。仔犬のフードは、栄養価が
    高く作られているメーカーさんが多いと思われます。
    子犬期~成犬期に移行する時などは多くの犬はつまらないと
    感じるようで食欲が落ちる傾向があります。
    人間でいえば、子犬期のフードはお子様ランチと同じでやはり
    エネルギー量を高く作られているものに物足りなさを感じ
    食べない事があるのだという一つの例です・・・・

   ☆ 食欲不振その3

    わんちゃんは、暑さが大の苦手・・・  
    人間同様、夏バテしたりすると食欲不振になります。
    特に体の小さい子は幼犬~成犬期はちょっとした気温の変化
    そして、体温調整するのに体自身がついていかない子が
    多いです。これは成犬になっても体が小さい子は
    特にその傾向がありますね!

    ☆ 食欲不振その4

    プードルの1kg~3kgの子でもそれは様々で、ティーカップ
    タイニーサイズ共に人間が思うよりはるかに内臓機能は小さい・・・
    3kg~あるトイプードルだって胃などの内臓機能は小さいという事
    を認識してあげなくてはいけないですね!
    人間が思うより、大型犬の胃袋よりほんとに小さいものです!
    大体ですが、わんちゃんの頭の上から見た大きさもあるか、ないかって
    感じですね。女性の握り拳もない感じです。

    そんな小さな胃に入ってくる食べ物は消化されるまでに何時間もかかります。
    犬って不思議なもので自分で調整しながら食べるのが本能です。
    お腹の中に残っていなければ、ガツガツとも食べるし残っていれば
    当然食べません。ここは、食べるそぶりをする子もいるので
    色んなパターンを考えてみたいと思いますが、体調の変化を
    良く見ていると段々わかってくると思います。
    量が足りていなければ、食糞をしたり、胃液を吐いたりと体の具合を
    きちんと人間に知らせてくれています。
  
   ☆ 食欲不振その5 
    また、一つ考えられるケースは、やはり先程①で述べた何らかの
    気がちることがあったり、 満腹中枢神経が満腹だと指令を出す
    からであると思われます。

   ☆ 食欲不振その6
    偏食は、必ずご飯を食べる事に興味があまりなくなる時におこる
    ケースが多いですね。これを、ではどうしたらと考えるのは
    食べなくなった飼い主様皆が思う事ですが、あくまでもこれは
    参考にして頂ければと思うのですが、目の前に出し続ける事は
    大事になってきます。又、落ち着いた場所の中で与えてみる
    というのも、時には良い結果をうむ場合もあります。食べたら
    出れると認識させる事も必要です。

    が、それでも食べないケースはおおいにあります。
    食べなければ出した食事を当犬舎は
    ひいてしまいます。そして、分量を随分と減らし食べる量だけ
    食材を入れる様にします。お腹はすきっ腹八分目でも、減らした量を
    食べるのであれば、それがその子におおじた食事分量だと思います!
    (勿論これは、健康状態に問題がない場合です)
 
    後は、時間の間隔を開けるという事です。食べない子は何を
    しても食べようとしないのですから、朝にあげた時刻をずらし
    夜~夜中に与えると食べてくれたりします。わんちゃんは、
    野生時代の生体にさかのぼるとわんちゃんは狼だった
    頃は夜行性なんです。獲物を動物達が寝静まった間に狩りを
    はじめ活動的に動き回るわんちゃんの本能があります。
    人間と共にするようになり犬の夜行性は生体が変化して
    きたといってもいいのですが、わざわざ食べ物を探し夜行性で
    いる必要性は人間と共にすることで夜行性でいる必要はなく
    なったのです。でも、やはりそういう本能は働きますので
    夜に活発に活動的になったりする子もいます。なので、夜に
    静かに獲物を食うするという本能を利用して、夜に静かな
    場所にいれてご飯を置いて置くと食べてくれるケースもありますので
    参考に・・・・それでも、食べない子もいますが。。。。

   ☆ 食欲不振その7
    体が小さすぎる子、1kgまたはそれ以下の子、2kdまでない子は
    低血糖をおこす可能性があるので、食べない場合は
    シリンジで頬っぺたから流動食を毎回与える手助けが必要です!
    (なぜこのような手助けが必要か??)命の危険を感じるからで
    食べない場合はシリンジで与える事により胃を大きくして食べれる
    ようにしていく必要性があるからです。
    
    注意したい事柄 ①

    人間にも言える事ですが、朝・昼・夜と食事をするけれど、
    食べ過ぎたら勿論、お腹は空かないし、朝に食べたものが昼ぐらい
    まで残っている経験って誰でもありますよね・・・
    人間でもある程度の間隔のあく時間が必要です。それよりもはるかに
    小さなわんちゃんは食べた食事を消化する時間が、かかるうえに
    わんちゃんは腸が短くすぐに排泄するとはいえ食べ過ぎたら
    胃がもたれる体と食事量がついていかなくなる事がありますので、
    注意したいですね!

    結果を急ぎ過ぎず、気長に挑戦していく事!
   
      注意したい事柄 ②

    特に鼻に異常があると嗅覚が弱まり食べ物を判別できなく
    なります。呼吸の仕方がおかしくないか鼻水やくしゃみ
    が出ていないかを確認する事です。
    鼻水が出ると、かなり食欲がわかなくなります!
    食事のたびに鼻への痛みを伴う事もあり食べたがらない
    ケースがあります。
    また、歯やはぐきが腫れたりぐらつきがある場合も食欲低下に
    つながることが多いです!
  
   ☆ 食欲不振その8
    老犬で食欲がなくなる場合、香りの強いものを与えるほうが
    良いケースがあり改善する場合があります。
    感覚器官が衰えてくる事が原因ですので感覚器官を
    思い出させる必要性が求められるケースです!
    これは、老犬に限らずいえる事ですが、同じものを
    食べ続けない偏らない食事を心がける事です。
    フードの方は、ローテーションという言葉が当てはまりますね。
    タンパク源だけが変わっても意味がないのです。
    全体の内容分が変わらないとローテーションした体には
    なっていないという事になります。手作り食では、色んな
    食材を変えてあげる事が出来ますので、上手く色んな食材を
    使うと言う事が大事です。




       注意したい事柄 ③

    IMG_4393.jpg

     わんちゃんの身体は、完全肉食で雑食と言うのは人間の都合
     穀類をすりつぶさない臼歯に植物の栄養を分解する
     犬属は狼と犬です。
            
      わんちゃんと、人間のヘルシーな食品は反対になります!
     どういう事か。。。
     肉食専門の機能しか持っていないわんちゃんは
     植物中心の食事をしていると、生命活動に狂いが生じ
     重大な事となりかねません。
     犬にとって生命の根源となるのは、動物性たんぱく質です!

     IMG_3251.jpg

     消化器系の機能低下
      
      わんちゃんの胃は動物の骨や軟骨を消化する胃酸を大量に
      分泌できる滞在能力はあるけれど、消化良すぎるものばかり
      食べていると胃液がなくなり消化器系の機能が低くなる傾向に
      あるので、肝機能を低下を防げる食事に心がけることです~!

     どのような食事内容に気をつければよいのか??

      蛋白質とは脂質、筋肉・内臓・皮膚・血液・ホルモン・
      免疫・酵素などを作る最も大切な栄養源です。

      肝臓は蛋白質と脂質からできています。
      タンパク源が充分に食事からとっていないと肝臓の再生が
      上手く機能しなくなるので蛋白質は大事となるのです。

      蛋白質の中でも、肝臓や体を作るたんぱく質は、アミノ酸率の
      高い蛋白質でなければならないのです。  
      必須アミノ酸化率の100%の肉が多い栄養バランス
      でないと、肝臓の再生は出来ないからです。
      肝臓は胃腸で消化吸収された栄養素が運ばれて体に
      作り変える化学工場の役割を果たすので、その代謝に
      必要なビタミンなどの栄養バランスが良い食事が肝機能を
      強くさせるのです!

      100%の高いタンパク源って??
      馬肉・豚肉・牛肉・鶏肉・鶏卵・鮭・かつお・ミルクなど・・
      肉が多く高タンパク源である事を踏まえ、
      偏らない15種類前後の食材タンパク源が90%・80%・70% 
      の食材、これらを上手く使って犬の肝機能低下を妨げ
      食欲増進に導いていけるといいですね!
      こいうい事柄を考慮しながら与えていくといいですね!
       
      プティママが一番大事にしてる言葉でもありますが、 
      いつもその言葉を思い出しながら頑張ってます!


      ● 侮らない
      ● あきらめない
      ● 焦らない
         そして・・・・
      ● ありがとう


      を言える人でありたいとこれからも頑張っていこうと思ってます!    
      非常に長い記事にお付き合い有難うございました

      

     



      
     




   
    

    
    

   
    

    
    
    
 

  

Comments

ルルのママ #- URL

思わず…こちらからコメントさせてもらいました。
涙が出ました。私も命に向き合う仕事をさせて頂いてます。どうしても…人間と犬を比べると(今では、比べること自体おかしいと思っています。)犬の方が軽視されがちですよね。けど、決してそうじゃないことを私の今までの人生で知りプティママさんに出会い改めて知ることができ、ルルと過ごす日々でしっかりと心に刻み込んでいます。プティママさんに出会えたワンちゃんは勿論、私達人間も幸せです。本当に大変なことをされてると頭が下がる想いです。これからもよろしくお願いします。なんだか、ブログを見てコメントしたくなりました。〜ありがとう〜私も大好きな言葉です。

2015/05/14(Thu) 11:03       

プティママ #- URL

Re: タイトルなし

こんにちは!ルルちゃんままさん涙がでるコメント
嬉しく、ありがとうございました💝
そして、いつも商品をお使いになって下さって有難うございますね。
温かいお言葉、励みになりまた頑張れるます~!

ルルちゃんままさんも命と向き合うお仕事されてるんですね!
ママさんが言うように、犬の方が軽視されがちです。
わんちゃんが言葉を話せたらっていっつも思いますが、
何も言えない分、飼い主がもっとわんちゃんに目を向けて
あげなければいけないんですよね^0^。。
少しの気づきが、わんちゃんを幸せに出来る事いっぱい
あると思います~!食事は生きていくうえで一番重点を
おき考えてあげたいと思うルルちゃんママさんの
気持ちが出会いとなり、ほんとに嬉しく思います。
飼い主様のほんの少しのお手伝いのお力に少しでも
なれるようにもっともっと頑張っていきます
のでこちらこそ宜しくお願いします~♪コメント、
嬉しくまた頑張れます~💗



2015/05/14(Thu) 13:03       

keyママ #hKTJKuX2 URL

No title

プティママさん、やっぱりすごいね
ぴーさんから聞いてはいたけど、本当にワンちゃんの事考えて
ブリーダーさんしてるんだ
頭が下がりますよ
去年の12月に亡くなった、大切な愛犬(marron)
9歳でもらってきた時には持病をかかえてて
なんとか長生きさせてあげようって頑張ったんだけど
ママさんの事、もっと早く知っていたら
先代marronの食事も管理できたのにって思います。
だからよけい、今のmarron(チビ)を元気で丈夫な仔に育てたい
しつけやら食事やらと心配はつきないけど
とりあえず手作り食に出会う事ができて嬉しいです。
今回の記事を何度も読みました。
とっても勉強になります。思い当たる事もあったしね。
これからも大変だと思いますが、頑張ってくださいね。

2015/05/14(Thu) 13:38       

プティママ #- URL

keyままさん へ!

keyままさん、blog拝見して下さり有難うございます。
まだまだ、ブリ-ディングも手作りご飯も勉強を
積みかさねていかないといけないなァ~と沢山感じる
事だらけです~・・・わんこが好きだから、その
わんこの為に出来る事、それが私にはブリーディングで
あり、またこだわりの手作り食だったんですよね~。
ツボにはまってしまったと言いますか、手作り食は私が
出来る事をしようと思ったのがきっかけです。わんちゃん
飼うってほんとに大変な事で悩みはつきませんね。
先代のmarronちゃん9歳で里親になったんですね。
それも、keyままだからできた事、すごいと私は思います。
9歳もの老犬を引き取ってくれるそんな素敵なkeyままに
出逢えた先代のmarronちゃんは幸せでしたね。今は
若くて健康で、可愛くて、小さくて、安くて、又は無料
でって里親様になられる方が多い中、9歳ものわんちゃんを
面倒見ようと思った事に私は感動します。
素晴らしい事だと思います。私もブリーダーではあり
大変ではあるのですが、以前ブリーダーの知り合いが
辞めるとのことで10歳の男の子を幸せにしてあげたくて
引き取りました。今でもその子は元気にしてますが、
keyままの気持ちが痛いほどわかります。だから、どのこも
幸せになってほしいですね!コメントありがとう~!

2015/05/14(Thu) 14:29       

メロディママ #tBoQcwzY URL

No title

こんばんは(*^^*)

この前、お会いした時のお話もだけど今回のブログの内容もすごく勉強になりました(^-^)
こっちに帰ってきてからはしっかりご飯も食べるようになりました。
プティママさんからの教えをちらっ、ちらっと?きっちりご飯に入れております(笑)
また困った時は相談にのってくださいねm(__)m

2015/05/14(Thu) 21:21       

プティママ #- URL

メロディままさん へ!

メロディまま、コメントありがとうございます〜💓
やっぱり、環境の違いは大きいですね〜。
人間だって、よそのお家にお泊まりや旅行などした時に
移動に疲れたり、環境の違いに戸惑ったりで、
便秘になったり、寝付けなかったり、遊びに夢中に
なりすぎて興奮したり、体の調子が崩れたりする事
あるのと同じで、わんちゃんも少しの環境の変化で食欲が
落ちたり、ストレスを感じたり、生活のリズムがつかめなく
なってしまうぐらい、わんちゃんはわんちゃんなりに、
心境の変化があるんですよね〜〜。いつも通りの環境に
すごく、落ちついたようでメロディちゃん良かった。
どんな時も一生懸命なメロディままに、先日は出会う事が
出来て、良かったです〜〜。また、大阪に来る際は
メロディちゃんともお会いしたいと思ってます。頑張ってね。


2015/05/15(Fri) 01:02       

 # 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/05/27(Wed) 16:04       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。